日本に入ってくる海外化粧品は、キホン効くものだけなのが特徴!

 

円高を背景に海外に出かける人の数は年々増え続けています。お土産に日本では手に入らないような外国製化粧品を買い求める人や、外国旅行に行く人に頼んで買ってもらう人も多いようです。また、個人輸入も盛んになっています。確かに外国製化粧品には色鮮やかなものもありますし、化粧水や美容液などでも日本製とは一味違うものが少なくありません。

 

気になるのは、その一味違うところです。日本では厚生省が、安全性の面から化粧品に使用することのできる成分を決めています。外国のメーカーの製品であっても、日本で製造されているものは、この認められた成分だけを使用して作られています。海外で販売されている化粧品が一味違うのはこのためです。

 

海外の化粧品って刺激が強いは本当?

 

欧米の有名女優と同じブランドのものを使っているというのは気持ちの良いものです。でも、ちょっと待ってください。最近わかってきたことですが、私たち日本人のような、 いわゆる黄色人種の肌は、自人たちよりもデソケートなのです。香料やアルコールなど刺激性の成分を、自人たちの肌に合せて調合している外国製化粧品では、日本人に刺激が強過ぎる場合があります。メーキャップ化粧品の色素にしても、日本では認可されていないものが使われていることがあります。このため日本人の肌に合わない場合があります。

 

つまり、安全性が保証されていないのです。もちろん、外国製化粧品を使って、何の問題もない人もいます。事実評判の良い化粧品もあります。だからといってだれでも大文夫というわけではないのです。化粧品の場合は、不用意に友達に勧めたり、プレゼントしないほうがよいでしょう。

ニキビケアの方法は慎重に選んで!!

 

ショッキングなタイトルですが、ニキビを治すことについてあまり簡単に考えないでほしいのです。自分でできる毛穴処理の簡単な方法として、昔ながらのカミソソあるいはグリコール酸で剃ることのほかに、毛穴パット、クレンジング、ジェル、毛穴クリームを使うといった方法があります。また、スポットクリームで抜くという人もいるようです。これらの方法は手軽ではありますが、アフターケアを間違うと、赤くなったり固くなったりという皮膚トラブルを起こしてしまうことも少なくないようです。毛穴パットやクレンジング、スポットクリームでの処理は、「抜く」という方法で、それなりの痛みが伴います。上手にやれば約一カ月ほどは新しく生えてくることはありません。しかし、新しい毛が生えてくる前にその上を皮膚が覆ってしまうことがあります。これを「ニキビ跡」と呼びます。皮膚の下で線状に伸びてしまったり、グルグルと渦を巻いたりする状態です。また新しく伸びてこようとする毛を上を覆った皮膚が妨害して、赤いブツブツの毛嚢炎を起こしてしまうことがあります。

 

 

毛穴クリームやジェルなどは、皮膚の表面から出ている毛だけを処理する方法です。このため短期間のうちに毛が伸びてきますから、こまめに手入れをしなければなりません。また、あらかじめ使用説明書を読んで、かぶれなどのトラブルを起こさないかパッチテストをしておくべきでしょう。トラブルとしては炎症や色素沈着を起こす場合があります。もちろん顔用のものを、顔など説明書に指定されている場所以外に使用してはいけません。サリチル酸やグリコール酸による強いニキビケア成分は、 一番多く用いられている方法ですが、それだけに安全で手軽です。ただ、刃で切られた毛の断面は、どうしても大く見えます。このため、 一見毛が濃くなったようになり、深剃りしたくなってしまいます。しかし、注意しないと肌の表面を傷つけ、そこから細菌が入る恐れもあります。 一般に剃っても大くならないといわれていますが、実際には違うようです。顔のフェイスラインにしろ、本来そこにあるべきものを取り除こうというのぞすから、何らかの反動があるのかもしれません。

 

ニキビは特に無添加の洗顔や化粧水をライン使いする!

 

結論から先に言ってしまうと、現在肌に何かのトラブルをもっている人は、まずそのトラブルを解決してから、ニキビを治すことに取り組んだほうがよいと思います。皮膚科医など専門家は、その人の肌の状況を診ながら、先にトラブルの治療をするなど適切な処置をしますが、自分でニキビを治すことしようという場合は無理をしてしまうことが多いようです。

 

自宅でできるニキビを治すことはサリチル酸やグリコール酸にしろパットやクレンジングにしろ少なからず肌に刺激を与えることになりますから、日焼け、かぶれ、にきびなどのトラブルで刺激に敏感になっている間は避けるべきです。きれいになりたいという気持ちはわかりますが、そのために無理をしてしまうと、逆に肌を荒らしてしまう結果となります。トラブルを重ねれば肌は次第にきめを失い、若々しさをなくします。

 

肌に異常がある場合には、その解決に専念してください。毛穴が気になり始めるのは春先から夏にかけてですから、秋日から手当にとりかかれば、じゆうぶん間に合います。また、最近ニキビを治すことを売物にしているところも増えてきていますが、こうした肌のトラブルを起こす場合があることを考えると、医師の手でニキビを治すこと処理をしたほうがよいと思います。

 

おススメサイト

ニキビケア大百科