スキンケアとか最近気になったことの日記記事一覧

このように考えると、アメリカないし西洋型の心理治療を、修正なしに日本の治療現場にもってくることは今でもむりがあると思っています。ところで、今まで述べたことと矛盾しますが、心理療法の根幹となると、どこの文化の中であれ同じことでしょう。つまり、治療者と患者さんとの人格の交わりがアルファであリオメガなのです。さらに心理療法は、当然言葉のやりとりだけの問題ではありません。言葉以前の治療者、患者の人となり、...
そんなことを言葉でいっても、実際はむずかしいという反論が当然あると思います。性格が柔らかいほうが、心の病になりにくいといいましたが、どう柔らかくしていけばいいのか、誰でもが知りたいところです。この点になると、われわれもそう簡単に答えられるものではありません。もともとの性格が動かない人もいますし、話すことで、われわれが思っている以上に性格が柔らかくなる人もいます。また、うつ病になって、それが治ってい...
したがって父親は、企業戦士に一層拍車をかけねばならずそのことでますます家族から疎遠となってしまうという悪循環になってしまいます。主婦のパート労働が多くなるのも、経済的必然から生じていますが、女性の社会参加の意味もあります。しかし、このことが女性に心の余裕を与えてくれるのならよいのですが、ときに家族の団らんが消失し、家族がバラバラになってしまうという結果になることもあり、中高年の離婚を多くしているひ...
これが、その人のうつ病の再発を防ぐことになりました。不安発作のある青年の場合は、英会話を習いはじめ、そこでいろんな人と交わり、話をするようになりました。勉強が終わってから、仲間たちと喫茶店でむだ話をしていくうちに、人のいろんな考え方、生き方を知り、人と接する楽しみを知りました。しゃにむに生きすぎていたことを知ることで、自分の性急な性格を修正することができ、不安発作からも解放されました。趣味ないし芸...
中年の危機とはこのような状態なのではないでしょうか。しゃにむに生き、やっと安定した人生コースに達したと思うものの、それまで捨ててきたもの、見ないでいたものにふと気づき、自分の人生の目標はいったいなんであったのか、またなんであるべきなのかという心の旅が再びはしまるのです。中年期以後の知的能力一般的知能テストでは、二〇歳台が知能のピークとなります。しかし、 一人ひとりの追跡研究をして、その人の一〇代か...
いわゆるOA化、情報化といっているものです。これによって、人間関係もクールなものとなり、それまでの人間臭い勘や経験よりも、コンピュータを使い慣れることのほうが重視され、価値観の転換がせまられるとともに、人間関係が稀薄となります。それはまた合理化ということであり、転職。失職・転勤を生み出すことにもなります。また、ポスト不足による昇進停止が多くなり、とくに現在の中高年にそれが目立ち、社会問題とすらなっ...
しかし、およそ八〇%の人が、この時期なんらかの激しい混乱を経験すると考えられています。この混乱にあっては、人は自分の人生のすべてに疑間を投げかけ、それによって気づいたことに恐怖を感じ、自分や他人をも怒り、恨むことが多いと述べています。この危機をうまく切り抜けるとより若い世代のよき指導者、よき助言者として自己確立ができます。そして、人生はさらに生産的となり、満足のいくものとして、後半生をおくることが...
今までの私の臨床経験から、どんな人がうつ病になりやすいか述べてみましょう。心優しく人情家ではありますが、仕事一筋や勉強一筋という、なにごとも完璧にしなければすまない強迫的な傾向をもっている人。また、なにかと悲観的に考える傾向、すぐに人と比較して自分をみじめだと思ってしまう傾向、なにごとも自分一人ではできないで、人に頼りがちな傾向が強い人です。これらの性格は二つに分けられるでしょう。 一つは、なにか...
また、性格上の問題も大きいといえます。その人の性格が柔軟であるかどうかが、心の病になるかどうかの大きな決め手になります。非常に性格が柔軟で、穏やかな人がいます。また、 ユーモアに富み、人生を楽観的に見る人がいます。このような人たちが、心の病になることは少ない。 一方、性格がかなり硬く、柔軟性に欠ける人がいます。人の忠告を聞く耳をもたず独走してしまい、ほどよくブレーキをかけた行動がとれません。がむし...
心の病は、その人のもっている素因とストレスの関係から生じると述べました。ストレスが強ければ、いくら素因がよくても、なんらかの心の病になることはあるでしょう。ストレスが弱くとも、素因的に弱ければ、心の病に到ることがあります。心の病は、相互関係によってつくりだされるのです。では、素因とはどんなものをいうのでしょうか。まず考えられるのは、家系のなかに精神疾患にかかった人はいないかどうかという遺伝の問題が...
しかし、そこでも握手でさよならです。一方、私と妻は彼女に思いっきリハグをして、「楽しんでこいよ」「楽しんでらっしゃい」と、ねぎらいの言葉をかけましたご両親の目には、私みたいなおっさんと20代のうら若き娘が抱き合っているのは奇異に映ったかもしれませんが、 ハグのあと、彼女は最高の笑顔を見せてくれました。私も26歳で学校に渡り、スキンケア成分にピーリングしたのですが、1回3カ月だけ帰国することになりま...
このような経緯で開発されたラミューテから、保湿ケアで治るニキビ肌のみんなへ常に言うことがあります。それは、こんな言葉です。「ニキビケアとは、困っている人を救うために存在する『究極のケア』である。ラミューテは最高のホスト、あなたたちは最高のホステスとして患者さんをもてなしてください。そして、 一人ひとりが心がけてほしいことは、ニキビケアのプロフェッショナルであること、そのプライドを持ってこそのホスピ...